(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

スポンサー

スポンサーリンク

 久しぶりのバトルトリニティのお話。


ドラゴンクエストXランキング 押していただければ励みになりますのでよろしくお願いします。

 第三回のバトルトリニティ大会が開催されている
 ルーニアさんにその話を私は聞いた。
 

 ねぇ、どうする?

 ルーニアさんの言葉に私は久しぶりに血がたぎってしまった。
 そういえば、第二回目の時はいろいろ用事があって結局出られずじまいだったのだ。

 すごく久々のトリニティ、いろいろ変わったと聞いた。
 職業も増えているみたい。
 
 でも私は、盗賊一筋で行くことにした。
 だって、それが私だから。

 さて、私は自分の動きを覚えているのだろうか。

 緊張もドキドキも覚えて私は自分の所属場所「ブルートライデント」から出た。

 なぜ、ブルートライデントかって?
 それは私がウェディだから。

 さて、今回のトリニティの会場に転送された。
 私と同じチームの人が次々と集まってくる。
 私は、この人たちと会ったことはない
 けど、同じチームで同じ勝利を目指している。 
 

 私も負けてはいられない。
 
 そして、勝負の鐘は響いたのであった。

 盗賊である私は、戦闘には向かない
 だから私は姿を消し、得点を得るためにジュエルを盗っていく。

 敵の攻撃や、拠点のガードはほかの人に任せてきた。
 私は、ひたすらジェル集め。

 それが、盗賊である私の役割。
 
 そして、勝負はついた。

 私のチームは最下位だった。
 とても悔しかったわ。

 でも私の貢献度は3位らしい。
 これって、ちょっとすごいのかな。

 アイテムも、ポイントも貰ってその場を去った。

 そして、この盾を手に入れました。
 
 三首海竜の盾
 
 なかなかかっこいいでしょ。

 さて、他にもいろいろあるから頑張らなくちゃ。
 
 後半戦、ファイト!