(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

スポンサー

スポンサーリンク

【ネタバレ】11話 六大陸堂【いばらの巫女と滅びの神ストーリー】


ドラゴンクエストXランキング 押していただければ励みになりますのでよろしくお願いします。

 前回のドラゴンクエストX

 シリルに呼び出されたリリは言われた通り「六大陸堂」に来たのであった。

 六大陸堂に来た私。

 中はすごく珍しいものがたくさんあった。

 色々物色しているとシリルがやってきて。

 な、なぜそれを!!

 確かに自由に暮らせるけど、身分の差はあるよ。

 王族とかいるし・・・。

 シリルはアストルティアの魅力を存分に語っていた。

 もう、耳にタコができるぐらいに・・・・。

 そして、彼はキーエンブレムが見てみたいといったので見せてみたら

 そういえば、そうでしたねぇ。

 結構昔の事なので忘れていました。

 てか、結構偉業でもないやつもありましたけど・・・・。

 まぁいろいろやりましたしねぇ。

 全部で10個ありますし。

 というか、大魔王を倒していたので・・・・。

 意を決意したのか、シリルは一匹の魔物を連れてきて

 ふむふむ、どう見てもドラゴンキッズの灰色版ですが。

 すごい竜なんですねぇ。

 どうやらこの竜は、湖に住み着いた魔物のせいで親とはぐれたらしい。

 シリルはそれを保護しいずれ親元に返してあげたいみたいね。

 なるほど、シリルは私の腕を見込んでその魔物を倒してほしいようだ。

 うーんさっき助けてもらったし、この竜ちゃんも可愛そうだし。

 いいわ、引き受けてあげる。

 おっ、そんなことを約束していいのかな?

 リリさん、いろいろ要求しちゃうよ♪

 とりあえず、準備をしてその湖に行ってきますか。

 そして、出かける時に

 ユシュカ!!

 いきなり出ないでよ!

 とりあえず、湖の魔物を倒すことを言ったら最初は否定したもののシリルの事を伝えると考えてしまい。

 なんと、その依頼をやってこいと言い出したのだ。

 なにがあったのかな?

 あぁ、行かないのか。

 やっぱり、私だけがこうなる運命なのね。

 ともかく、シリルのためにちょっくら頑張ってきますか。

 次回、竜の子供を助けに行ってきます♪