(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

スポンサー

スポンサーリンク

【ネタバレ】10話 我儘娘のパーティ会場【いばらの巫女と滅びの神ストーリー】


ドラゴンクエストXランキング 押していただければ励みになりますのでよろしくお願いします。

 前回のドラゴンクエストX

 生意気な女の子、リンベリィにパーティの招待状をもらったユシュカ。

 その役目を押し付けられた私は、パーティ会場に行くことになったのだ。

 あとで、しめる。

 パーティー会場で招待状を持ってきた私。

 それを、入り口にいる係の人に見せてみると・・・・・。

  殴るよ!

 いきなり失礼なことを言われました。

 確かに私のメイン職業は盗賊ですが、そんな犯罪的なものは盗まないしそもそも興味はないです。

 仕方なく来ただけなのにこのいわれ用。

 ひどい話ですわ。

 さて、なんとかパーティ会場に入れた私。

 雰囲気がなんとなーくいやな予感しかないなぁ。

 オイ!

 コラッ!

 ちがぁぁぁぁう!!

 ここにいる人たちはみんなこんなに傲慢なの!!

 信じられない、常識を置いてきてないかな?

 ともかく、リンベリィの元に私は行った。

 あぁ、うん

 そんな反応は予想してましたわ。

 うわぁ、いるよねぇこういう人。

 自分の興味のないことしか目に映らない人。

 ともかく私も招待状を持っている以上このパーティのお客人としてというと、リンベリィは私が持ってきた招待状をびりびりに破ってしまった。

 これで、あなたは招待客じゃないとか。

 なんというか、笑いしか出ないんだけど。

 とはいえ、このままだとちょっとヤバイよねぇ。

 SPが私を攻撃しようとしてきた。

 倒すのはやぶさかじゃないけど・・・・。

 今は、目立った行動はしたくないし。

 とおもったら。

 いきなり、イケメンがやってきて寝耳に水のようなことを言い出した。

 いいとこのお坊ちゃんみたいなんだけど。

 とにかく、このお兄さんのおかげでこの窮地は脱出できた。

 ありがとう、お兄さん。

 シリルというイケメンにお誘いを受けた。

 ふむ、そういう時間は正直ないけど

 まぁ、助けてくれたし行ってみようかしら。

 次回、イケメン魔族とランデブー♪